杉の坊のつぶやき

実は知らない健康や医療に関する情報を発信

iPS細胞によるがんへの可能性

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

和歌山県医大のチームが、3月27日までに

iPS細胞から作製した免疫細胞の一種「樹状細胞」を使い

ガンを破壊する事に成功したと発表しました。

 

樹状細胞を利用した免疫療法はすでにありますが、

iPS細胞を使う事で高い破壊力が期待でき、新たな療法として

開発を進めたいとしています。

 

現在の成果は英科学誌電子版に掲載されているようです。

 

樹状細胞は、ガン細胞を攻撃するよう別の種類の免疫細胞に命令を

出すのですが、従来の免疫療法では患者自身の樹状細胞を取り出し、

体外で培養したり、ガン細胞を狙って攻撃できるように手を加えて

体内に戻すというのが一般的な方法です。

 

しかし、がん患者から取り出せる樹状細胞は数が少ない上、

働きが低下しているのが殆どで、そこが課題でした。

 

研究チームは、がん患者のiPS細胞から作った樹状細胞は

健常な人の樹状細胞と同等の高い免疫機能を望める事に着目、

人のiPS細胞から作製した樹状細胞を、試験管内で胃がんや大腸がんの

細胞と混ぜた所、1~3割のがん細胞が消失し、

マウス実験ではがんが約7割破壊されたと発表しています。

 

iPS細胞は一度採血するだけで作製できる上、

治療に必要な分量の樹状細胞も作り出せるため

患者の体の負担が少ない利点もあるとしていて、

チームの尾島敏康講師は「安全性も確認できた。

さらに研究を進めたい。」と話しているそうです。

 

 

昨年に続き、今年に入っても新たな治療法が次々と発表されていますが

実際に病院で気軽に受けれるレベルに至るには10年以上かかるのが

現状です。

 

このブログでも何度もお話していますが、

製薬会社、医学会、医師会、厚労省財務省などなど。。。

現状のお金の問題が片付かなければ実戦投入には至りません。

残念ながらこれが現状です。

 

全く関係ない話ですが、

個々最近の財務省関連の問題だけを見てもわかるとおり

何事にも当事者以外の「都合」がもっとも重んじられ

目的や内容は後回しになるのです。

 

薬や治療の世界では

「患者の為」「病気で苦しむ人のため」

が最も優先するべき事項なのですが、

それはあくまでも “きれいごと” でしかなく、

結局は「お金」に関わる問題が優先されます。

 

誤解がないようにくどく説明しますが、

「画期的な治療法が発見され多くの患者が助かる」

ことよりも

「画期的な治療法によって従来の治療法や薬品によって

 生活の基盤を築いていた多くの人々の生活原資が阻害される

 可能性がある以上、代替法として認可できない」

というのが大まかな結論となるのです。

 

繰り返しになりますが、

要は、画期的な治療法が一般化してしまうと、今まで主力で売れていた

薬や治療が売れなくなってしまうばかりか、患者が治ってしまえば

そのシェアが衰退してしまい、そこで商売していた人たちが干上がってしまう

ので、画期的な治療法を認可するのであれば、法外な金額で販売する事で

一般的な治療として使用することが困難な状態に持って行き、

従来の治療法や薬品が「安価」に利用できる選択肢として残す事もでき、

その結果、画期的な治療法も選択できるが、従来の治療法は健康保険や

国の補助によって安価に利用できる為、両立が可能であり

従来の治療法や薬品に売り上げ減少問題は解決できるであろう。。。

 

といった考え方が優先されているといっても過言ではありません。

 

患者を減らしたり、苦しんでいる病人を助ける事よりも

そういった患者や病人で商売している人たちの生活が

最優先であるということです。

 

 

これは大げさではなく、本当の事です。

国がこういった考え方をしています。

 

多くの医師や製薬会社の関係者も、同じ考え方を

何の疑問も感じずにしている人が多いのにも虫唾が走ります。

 

 

国の政策なら、お金にまみれず国民を最優先してほしいです。。

 

 

一日も早く多くの治療法が身近になる日を望むばかりです。

 

杉本