杉の坊のつぶやき

実は知らない健康や医療に関する専門的な情報をお届けできるよう頑張ります!個人のつぶやきもあります

新たな脅威?

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

カザフスタンで原因不明の肺炎が拡がっていると

報道がありました。

 

Yahoo ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/nishiokashoji/20200710-00187537/

コロナよりも致死率の高い深刻なものだと報じています。

 

この新たな肺炎に関してはいまだ情報が少ないので

情報が挙がり次第お知らせします。

 

 

新型コロナウイルスの脅威が去らない状況で

結核や、新型インフルエンザ、そして今回の肺炎など

ウイルスに悩まされる年となっています。

 

カザフスタン新型肺炎については

現在の所、コロナウイルスの変異である可能性も指摘されており

万が一変異種としての新たな感染拡大であれば

現状でもワクチンがない状況の中人類にとっては

振り出しに戻ってしまう事となってしまいます。

 

 

ブラジルの大統領に代表されるように

「ただの風邪」といった風潮も少なくありませんが

その「ただの風邪」だからこそさっさと対策すべきです。

 

ブラジル大統領も「ただの風邪」と言っていたのに

いざ自分が陽性になると「ただの風邪薬」を使えばいいのに

世界的に効果の期待されるワクチンを使用している時点で

人の虚勢と弱さを体現しているなーと失笑しかありません。

 

結局の所、楽観する人や騒ぎすぎを非難する人は

自分が絶対に罹らない、関わらないことが前提で考えていて

自分がもしも重症化、自分がもしも致死など

リスクとして考えることができる人は違う対応をします。

 

罹患してもたいした事がないと考える人も

自分のことしか考えることができない浅はかな思想で

自分が当事者になったり、自分の大切な人が当事者になれば

誰よりも騒ぎ、誰よりも望む事は目に見えています。

 

ウイルス云々もそうですが

今の社会的なリスクと、経済を考えるならその原資は何か

ちゃんと考えればどのようなリスクと向き合っているのか

わかりそうなものです。

 

とはいえ、

そのたいした事の無いウイルスにいつまでも振り回され

そのたいした事の無いウイルスはいつまでもなくならない。

 

第一波の状況を振り返っても

どのような行動が求められるのか

立派な大人なら判断できそうなものです。

 

ウイルスしか見ない楽観は

自分の状況、社会の状況がみえておらず

結果的に理不尽な問題を自分が生んでいる事にも

気付かないままです。

 

あまく見ていつまでもダラダラやるほうが

時間も経済も労力も精神も削り続けます。

 

やりすぎでも騒ぎすぎでもいいから

バシッとやってはやく終わりましょうよ。。。

 

 

杉本

六韜三略(りくとうさんりゃく)

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

中国の有名な兵法書である「六韜三略」。

諸説あるなかでも有名な兵法家の太公望呂尚に代表される兵法書で、

六韜呂尚(りょしょう)、三略は黄石公(こうせきこう)の作

であるといわれる戦略のバイブルです。

 

六韜とは六つの戦略(文韜・武韜・竜韜・虎韜・豹韜・犬韜)で構成されていて

三略は三つの略(上略・中略・下略)の三巻で構成されています。

 

ちなみに六韜の虎韜が「虎の巻」の語源と言われています。

 

 

現代においても十分に役立つ戦略思想が記されていて

様々な状況においての応用の原点となる基礎が学べます。

 

有名な「孫子」の兵法書とは対照的に、

少数で大勢と戦う寡戦(かせん)を六韜では説いています。

孫子」ではこれを説きません。

 

個人的な解釈ですが、

天の時・地の利・人の和という物事の基本的な部分について

しっかりと考えることができるものでもあります。

 

 

今回この六韜に触れたのは、

コロナに関わっての日本政府と日本のあり方について

非常に感じる部分があったからでもあります。

 

六韜を知る多くの方もはやくから指摘していた部分で

日を追うごとに私も非常に強く感じたので紹介します。

 

 

ざっくりと説明します。

六韜には、

国家間交渉にあたって、他国の使者が来た場合に

もしもその使者が「有能」な場合は、何ももてなさず

何も与えずに帰らせろというものがあります。

さらに、もしもその使者が「無能」な場合には

多くを与えて国を挙げて歓待しろとあります。

そうすれば、

その使者の国では無能なものがもてはやされ重用されるので

有能なものは失脚し、無能なものがさらに無能を重用し

やがてその国は滅びに向かっていくというものがあります。

 

 

 

わが国の首相が中国に訪問した際

国を挙げて歓待してもらった事からも

その返礼は必要だ、国賓として歓迎の来日は必要である

といった意見があると思います。

 

できる限り摩擦を起こさずに膠着しておきたい関係性のなか

窓口の人間が相手国から友好的に扱われていれば

摩擦を避けたい国としてはそのものを重用するのは確かでしょう。

 

 

特に日本の社会性ともいえる、

できることなら揉めたり大げさにしたくないという

問題から目をそらす為の偽りの平和的な特性もあって、

少し向き合って少し立ち向かえば土俵も変わるのに、

大きなものを守るための小さな犠牲をいとわないという

絶対に被害を受けない人の考え方が主流となる

相手の土俵のままで流れるのを待ち、仕方ないが口癖になる

問題解決にあたって愚の骨頂ともいえる発想があります。

 

 

 

さて、中国でいまでも重要な兵法書の内容…

外交は戦略的な要素が多くを占めています。

 

今の日本。。。どうでしょう?

どのように捉えるのかは個々次第です。

 

 

杉本

空気感染について

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

WHOが空気感染の可能性を示唆しました。

Yahoo ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/5fad992d7c690f734e70cad7e7c6a2d1a0b2c945

 

 

正直「いまさらなにいってんの?」というのが私の感想です。

 

もともと、空気感染についてなぜいわれてこなかったのかと言うと

空気感染という発想には『定義』があって

その定義にあてはまらないから空気感染ではない

というのが理由です。

 

一般の素人の認識では、

空気にウイルスが混じって浮遊して感染するのが空気感染

というイメージかと思います。

 

実はこのイメージ、浮遊する、または空気中に漂うウイルスの形状

というか、ウイルスの状態によって定義が異なります。

 

研究上であったり、専門分析上の定義ならばいいのですが

実生活上には役に立たないくだらない定義設定なので

細かい説明ははしょりますが、

わかりやすくざっくりと説明すると

空気感染のもととなるウイルスが空気感染の定義に沿った状態なら

空気感染と呼び、そうでなければ空気感染ではないとなります。

 

「空気感染はしない」という報道も、これがベースなので

空気では感染しないと単純に思ってしまいますが

そんなわけないのです。

 

現在の感染原因のひとつである「飛沫感染」は

ウイルスを媒介する形状が「飛沫」であるから飛沫感染になる

ということです。

 

ちなみに飛沫の定義にあてはめてかんがえられたのが

ソーシャルディスタンスですので、

飛沫は2メートル以上飛ばないなどの定義を前提にしているので

定義を超える予測をしていません。

 

今回の発表において重要なポイントとしては、

飛沫ではありえない感染距離などを出しているが

その原因となるウイルスの形状が空気感染ではないため

飛沫感染でも空気感染でもない状態であるという

なんともお粗末な笑える論議を繰り広げている状態です。

 

そもそも過去にも指摘してきましたが、

空気中に漂う形状や定義にこだわるよりも

実験的な可能性を優先すべきなのですが

やはりそこは学者と政治のなせる業ですね。

 

社会と経済のために結論の無い、決定できない解釈をこねくり回して

よくわからない状況をわざと作り出しているとしかいえません。

 

 

小学校の実験レベルのお話しで

小学生ならそこにさまざまな想像力と応用が加わります。

しかし、頭のいい大人になると

基本的な定義や決まりが優先され、何事もものさしで図ろうとします。

 

本当に今回のコロナ騒動は

有事の対応による人間のくだらなさと浅はかさを浮き彫りにします。

 

 

杉本