読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杉の坊のつぶやき

実は知らない健康や医療に関する情報を発信

お勧めの文献

今回はお勧めの、というか、

ぜひ一度読んでいただきたい本をご紹介します。

 

慶應義塾大学医学部放射線科医師である

近藤 誠氏による著書

「クスリに殺されない47の心得」

「医者に殺されない47の心得」

です。

 

ここからは私個人の見解であるとして

ブログを見ていただきたいのですが、

日本で西洋医学を学び

現場を経験すればおのずと違和感が見える…

というのは、

あくまでも、あくまでもです、

私が今まで出会った医師が共通して持つ

ジレンマです。

 

医療現場においてのこの違和感は

医師以外ではよほど嫌な経験をしなければ

ほとんど気づけないかもしれません。

医師でも気づいていない人がたくさんいます。

すべてわかっていながらそれが物事の成り立ちとして「正しいこと」と信じて疑わない人もいます。

人は生きてゆくうえで「お金」が必要で、その方法として法の内側で組み立てているのだから、確かに正しいことなのかもしれません。

しかし・・・しかしどうなのでしょう?

医療に掛かる人たちは、健康な自分になりたくて、医師を、医療を信じて病院に足を運び、治療を受け、薬を飲みます。

そこには生活のしがらみなどではない「信頼」と、人として生きてゆく権利があるはずです。

信じる心はお金には代えれないはず。

 

実際はどうでしょう・・・?

 

ただ、ありえないような非人道的なことは

ドラマや映画のなか「だけ」だと

本気で思っている人が多いのが現実です。

 

私自身は多くの医師との交流のなかで

その事柄が現実だと知らされるのに

それほどの時間はかかりませんでした。

 

この本を読む前から私自身が現場で語ってきたことがそのまま、いや、そのまま以上に書かれていました。

 

クスリにまつわるとんでもない話。

医師が抱えるジレンマの現実。

 

そんな話を赤裸々に語ってくれている。

 

読んでみて

少なくとも私はそういう本だと思いました。

 

 

 

ブログ内容はあくまでも私個人の意見です。