杉の坊のつぶやき

実は知らない健康や医療に関する情報を発信

熱中症

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

毎日本当に暑い日が続きます。

西日本豪雨などで被害に遭われた方々には

心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、報道などでも連日聞く事が多くなりました

熱中症」ですが、被災地支援の自衛隊員や消防隊員も

作業中に熱中症になってしまい搬送されています。

 

そんな熱中症について、

世間一般的な認識が非常に危険であることが最近わかり

少し触れたいと思いました。

 

というのは、

まず基本的に「熱中症」は、病気などの罹患とは

根本的に違うことを理解していない方が非常に多いという事です。

 

大前提として、

予防や準備で防げるものではなく、環境や状況に応じて

臨機応変に判断して早めに環境を変える事が重要です。

 

勘違いしやすいのは、

水分を十分摂ったり食べ物に気を付けている、

また、日頃から体を鍛えているから大丈夫。。。

などといった的外れな解釈が蔓延している事で、

自己管理や作業において日頃から細心の注意を払っている

消防隊員や自衛隊員ですら熱中症になってしまう事を見ても

日頃の内容とは別の注意が必要なことは明らかです。

 

予防としての注意は多少できても、

根本的に防ぐことは不可能である事を理解しなければいけません。

その時その時にきちんと判断しなければ

どんなに屈強で強靭な体を持っていても

条件が整えば誰でも簡単に熱中症になってしまいます。

 

熱中症になってしまった場合、治せる薬は存在しませんし

点滴と体温を下げる事と安静しか対処法がありません。

気付くのが遅かったり、自覚過信すると命に関わります。

 

ましてや、

事前に飲んでおけば熱中症にならない薬など存在しませんし

なりにくくする飲み物や食べ物も存在しません。

 

くりかえしますが一定の条件が揃えば

誰でもなる可能性があるのが「熱中症」だという事です。

 

◯普段からしっかりとアスリート並に身体を鍛えている

◯普段から食事に気を遣っている

◯普段から厳選したサプリメントや健康に良い補助をしている

 

などなど

熱中症」になりやすいなりにくいは一切関係ありません。

罹患する環境について多少の個人差はあっても

絶対にならない人など存在しませんし、

そんな内容で気を付けるだけで予防が可能なら

自衛隊員や消防隊員は熱中症になってはいけない職業

とも言えると思います。

 

水分を多く摂るようにするというのはひとつの予防措置ですが、

そうすることによって熱中症にならなくなるわけではありません。

 

脱水状態になってしまうと上手く身体の放熱ができなくなり

身体の中に危険な温度で熱が溜まってしまうので

基本的な脱水状態を防ぎましょう。。。というのが

水分補給の一番の目的で、

しっかり水分を摂っているからならないのではありません。

 

どんなに優れた薬を飲んでいても

どんなに栄養価に優れた食事をしていても

熱中症にかかるかかからないかには

ほとんど関係ありません。

 

そのときのほんの僅かな体調の変化や

取り巻く温度環境や

いろいろな要素が重なったところに、

予想を超えたところで思いもよらない状態により

罹患するのが熱中症なのです。

 

日頃の内容、

身体を鍛えているから、栄養面に気を遣っている

水分をしっかり摂っている、

から、多少は大丈夫だと思う事が一番危険で

判断を誤る一番の原因です。

 

今一度、

自身の認識を再確認して

そのときそのときの判断を正しくできるように

してほしいと願います。

 

 

杉本