読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杉の坊のつぶやき

実は知らない健康や医療に関する情報を発信

高額問題

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

ガン治療に関して革命的?といわれる治療薬はたびたび現れます。

しかし、価格的な問題は改善されないばかりか

上に上にと積みあがっていく一方です。

 

2014年に承認された代表的なガン特効薬に「ニボルマブ」があります。

ニボルマブ(英: nivolumab、商品名:オプジーボ)は、悪性黒色腫治療を目的とし、後に非小細胞肺癌・腎細胞癌に適用拡大された分子標的治療薬の一つで、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体医薬品で、当時の京都大学医学部の本庶佑博士の研究チームの貢献に開発。日本においては2014年7月4日製造販売が承認され、2014年9月小野薬品工業から発売が開始された。

 

ニボルマブ」は、従来の抗癌剤と違う点、

自己のがん免疫機能の向上作用が認められるとして

特効薬のような扱いに位置づけられていますが、

その有効率は最大でもおよそ53%。

臨床上では約84%に影響が見られるとの報告がありますが

実質的な影響関係性を証明できるデータはないため、

直接的な効果として認められる範囲では50%程度となっています。

 

この特効薬の最大の問題点は医療費が高額であること。

年間では約3500万円、5%の自己負担に換算しても年間175万円前後必要です。

自己負担の%が変動する中で130万円~175万円を年間負担。

これを単純に患者目線だけで解釈するならば、

効果が本当に期待できる特効薬ならば、

どうにかして用意してしまう金額かもしれません。

 

医療費はここからが最大の問題点なのですが、

残りの95%はどのような形で負担されているのか?

ニボルマブ」の対象と考えることが出来る患者は

年間約5万人程度が予想され、

全ての対象者に1年間投薬した場合、およそ2兆円近い金額となります。

現在の日本の医療費は約40兆円で薬剤費は約10兆円。

もともとこれだけの金額の所に毎年2兆円近い負担が増すことは

どのように考えても無理な計算です。

 

薬剤費や医療費の高騰にはきちんと背景があり、

成功(実践投入できる認証を受ける)した薬剤の価格によって

失敗した研究費用もろもろの開発コストを回収しなければ

製薬企業の商売が成り立たないのです。

 

また今後、開発した製薬会社が外資に買収されない保証もなく、

過去、肝炎やHIVにかかわる特効薬の利権に絡んだ問題も有名です。

 

ちなみに、長くなるのではっきりと切り上げますが、

実質的にこの特効薬の効果は約20%、副作用は60%。

実際に使用した患者の声でもst4で3ヶ月、約120万を使って

全く効果がなかった反面、副作用もなかった報告もあります。

 

最後に、

本当に効く薬は保険適用までにとても時間がかかる上に

購入するにはとてつもない高額になります。

そこそこ効く可能性がある薬は、無視できない特効薬として扱われます。

治してしまう薬は1度しか売れないので高くなりますし、

開発費用の回収を妨げる為、1回で回収しないといけなくなるので高額なのです。

長期間変化させないように病状を押さえ込める薬は

継続的な販売が見込める上、市場(病気)がなくなる心配もないので、

価格を下げても長い期間で回収が可能になるわけです。

 

 

杉本