杉の坊のつぶやき

実は知らない健康や医療に関する情報を発信

丸山ワクチンの働きが明らかに

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

いままで医療界では評価がなく、どちらかといえば否定的に語られていた

丸山ワクチン」ですが、ガンに効果があるとして広く利用されていたのも

事実です。

 

この度、この「丸山ワクチン」の働きについて

日本医大(微生物・免疫学)の高橋教授が、2018年5月19日、東京で開かれた

講演会で発表しました。

 

教授によると、

丸山ワクチンは、ガンに対する免疫の鍵を握る白血球の一種「樹状細胞」を

活性化することがわかった。

白血球のわずか1万分の1ほどしかない特殊な細胞で、1973年に発見した、

米国ロックフェラー大のラルフ・スタインマン博士は2011年度の

ノーベル医学生理学賞をうけている。

 

免疫細胞には色々あるが、「殺し屋」リンパ球、・T細胞は侵入した細菌や

ウイルスのほか、ガン細胞も攻撃する。

このT細胞にガンの目印を教えるのが樹状細胞の重要な役割だ。

 

数年前から樹状細胞に関する新発見が相次いだ。

ガン細胞は反撃として液性因子を出して樹状細胞を不活性する。

また、樹状細胞を活性化したり、不活化細胞を活性化する働きのある

脂質が見つかった。

 

最も強力なひとつが結核菌のまわりの脂肪酸であるミコール酸。

研究から、丸山ワクチンの原料である青山株は特にミコール酸の多い

結核菌株であることが確認された。

また、樹状細胞の活性化を保つには48時間ごとに脂質を与えるのが

最も効果的だった。

 

偶然かもしれないが、丸山ワクチンの隔日投与はこの条件にぴったり

合っている。

 

と述べ、近く論文を専門誌に投稿します。

 

また他にも、

丸山ワクチンの飲み薬化もありうるが、動物実験の結果などから

注射のほうが有効性が高い。ミコール酸に着目すれば注射量を

10分の1ほどに減らせる可能性がある。

 

とも話しています。

 

丸山ワクチンは、1976年11月に、ゼリア新薬工業から厚生省に対し

抗悪性腫瘍剤」として承認申請を行っていますが、

1981年8月に厚生省が不承認としています。

ただし、「引き続き研究継続をする」とし、異例の有償治験薬として

患者に供給する事を認め現在に至ります。

 

2015年12月末までに、39万9787人のがん患者が丸山ワクチンを使用しています。

 

 

この件に関しての個人的な感想としては、

丸山ワクチンだけでなく、現在の時点でも多くの効果的な実証をベースとした

<本当に効果的な治療法>があるのは事実です。

しかしながら、今回の件でも顕著な部分として

現時点での医学医療研究が追いついていないため、理由が特定できない為

良く言えばむやみに患者に使うわけにはいかないというのが現状です。

 

丸山ワクチンに関しても、1944年に皮膚結核治療薬として開発され、

その後、肺結核ハンセン病の治療にも用いられました。

支持者による「末期のがん患者に効果がある」という主張にたいして

当時の研究では全くわからないそのメカニズムに対し、

当時の医師や現在に至るまでの医療関係者などは

「まゆつばもの」といった扱いで馬鹿にしていた経緯があります。

 

しかしながら現在に至って今回の研究により、

ここ近年の研究報告で多く名前が挙がり始めた「樹状細胞」に関連する

非常に先端的な内容を持っていたことがわかったわけです。

 

私が常日頃指摘している、

「わからない事に対する否定はおかしい」

「わからないことは “まだ” わからない」のであって

「わからないことに可能性を持って研究するのが本来の研究」

といった部分に関しての本当に典型的な例だと思います。

 

いままで患者に対して高圧的に、さも自分が絶対的に正しいと

散々当該ワクチンを否定してきた医師はどのように考えるのでしょう。

 

ここで素直な反省がない医師は本当にダメな医師だと私は思います。

 

「わからないんだから否定も仕方がない」

のではなく、

わからない事はわからない、わからないからこそ

否定する材料すらもないということをしっかり考え、

安全性に関しても効果にしても自分はわからないと伝えるべきです。

 

樹状細胞関連の研究結果や報告に関しても

これまでは否定的に考えられていた存在と理論です。

 

今回の一連の流れが、少しでも患者に良い方向になるよう

心から応援したい。そんなニュースです。

 

 

杉本

 

 

 

 

 

 

食品にまつわる面白い話

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

以前も何度かお話ししましたが、私の働く業界は

食品に分類する分野で、取り扱い商品も基本的には

飲料品なので、販売に関わる法律なども

食品に準ずるものです。

 

そのなかでも、少し特殊な業界でもあるため

通常の食品に準ずる法律以外にも薬事法関連にも

かなり神経を使わなければいけません。

 

薬事法関連では一度お話ししましたので割愛しますが

厳密にはリアルタイムで法解釈などの変化や変更を

毎日確認できるように手配しています。

 

それはさておき、

一般的に法律と一言で言っても、よほどの経験がない限り

この法律の条文などと関わって向き合うことは

普通に生活している方はないと言っても良いでしょう。

 

真面目に普通に生きて生活していれば、

何がどのように決まっていて、理由はこうで、だからこうなる。

みたいな事を考える機会もほとんどない事だと思います。

 

おおよそ、常識やマナーの範疇からの視点で

「ダメなんじゃないの?」程度の認識かと思います。

 

今日は、少しだけそう言ったところに興味が出るかもしれない

「食品関係」における面白い法律やきまりなどをご紹介します。

 

個人的に面白いと思ったものを引用します。

特に説明も加えませんので、読まれた方の

それぞれの解釈とご感想に任せます笑

 

 

それでは。。。

 

◯鶏卵以外の卵に「玉子」の表示を使う場合本来以上に厳しいチェックが必要

 

中華そばや沖縄そばの「そば」に「蕎麦」の文字を使うと違法

   ただし、飲食店で提供されるメニューの表記はその限りではない。

 

海苔は着色してはならない

 

回転寿司の偽装魚同様、飲食店では豚肉を「牛」として提供して良い。

   ただし「牛肉」とした場合は違法。

 

飲食店で腐った食べ物の提供は合法、腐った食べ物での健康被害は違法。

    「腐らせる」は調理法として認知されているため。

 

七味を一味として販売しても良いが、一味を七味として販売してはいけない。

 

1979年以前は分類が定められていなかったため、コーヒーもビールとして販売できた。

    (※現在は麦芽やホップの含有量などで決められている

 

おからは産業廃棄物なので食品ではない。

 

パンの耳は産業廃棄物なのでパンの耳を販売するのは違法。

    (※揚げるなどの加工前提ならセーフ。そのまま販売すると違法の可能性アリ)

 

ごましおの「しお」を「塩」と明言すると生産制限がかかる。

    そのため殆どのメーカーがひらがなで表示しあくまでもふりかけとしている。

 

フグの調理免許は業務独占資格であるにも関わらず成立と運用における

    法的根拠に乏しい。

 

メーカールールではあるがみかんの平仮名は国内産、カタカナは外国産。

 

無加工の大豆製品に「だいず」「ダイズ」の表記を使ってはならない。

    (大豆は食品名として制定されているため)

 

 ◯特定保健用食品の特保マークは特保の認可に関わらず使用できる。

     特保マークは認可を示すものではないため。

 

人糞を肥料として販売するのは違法。食品としての販売は合法。

 

消費者庁の方々はペットフードをちゃんと食べている。

 

 ここで少しだけ、

表示法関連は理不尽なほど細かく規定されていて、

根拠資料と言う言葉が横行しているが、実際にはそのチェックを

正しく施行するための情報は殆どなくいうえに

根拠に対する判断基準も曖昧なことがほとんどです。

また、表示法に関連しての法的根拠に乏しいケースも多く

実際に行使する上での被施行側の質問にはほとんど

回答ができない場合が多いです。

まぁ、実際には国や行政からリアルなチェックが入ることは、

問題でも起きない限りまずありません。

 

では少しだけ続きを。。。

 

洋菓子として販売する場合、和菓子でない根拠も用意しなければいけない。

    和菓子として販売する場合にも、洋菓子でない根拠の用意が必要。

 

厚生労働省により販売が禁止されている生き物の中に、日本にはいないはずの

    トラがいた事があった。(※1965年に削除されている)

 

結婚式の披露宴で食中毒が発生した場合、責任の所在が新郎新婦になる事がある。

  (※法律上、披露宴は規模の大きいホームパーティ。仲介会社との契約次第でもある。)

 

 

長くなるので、ざっくりとここまで。

実はこういったものを引用している記事を参考にさせて

いただきました。

 

実際にお仕事などでそういった法律や、行政担当官とやりとりしたことが

ある方にはそれほど面白く感じないかもしれません。

私自身も食品関連法、表示法、薬事法と向き合わなければいけないので

「なんだそれ!?」ということが本当にたくさんあります。

 

真面目に向き合っている立場としては理不尽に感じますが、

そうでもしないと網の目をくぐって悪いことをする人がいるのも事実なので

仕方がない結果なのかなぁ〜と思っています。

 

 

杉本

 

iPS細胞によるがんへの可能性

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

和歌山県医大のチームが、3月27日までに

iPS細胞から作製した免疫細胞の一種「樹状細胞」を使い

ガンを破壊する事に成功したと発表しました。

 

樹状細胞を利用した免疫療法はすでにありますが、

iPS細胞を使う事で高い破壊力が期待でき、新たな療法として

開発を進めたいとしています。

 

現在の成果は英科学誌電子版に掲載されているようです。

 

樹状細胞は、ガン細胞を攻撃するよう別の種類の免疫細胞に命令を

出すのですが、従来の免疫療法では患者自身の樹状細胞を取り出し、

体外で培養したり、ガン細胞を狙って攻撃できるように手を加えて

体内に戻すというのが一般的な方法です。

 

しかし、がん患者から取り出せる樹状細胞は数が少ない上、

働きが低下しているのが殆どで、そこが課題でした。

 

研究チームは、がん患者のiPS細胞から作った樹状細胞は

健常な人の樹状細胞と同等の高い免疫機能を望める事に着目、

人のiPS細胞から作製した樹状細胞を、試験管内で胃がんや大腸がんの

細胞と混ぜた所、1~3割のがん細胞が消失し、

マウス実験ではがんが約7割破壊されたと発表しています。

 

iPS細胞は一度採血するだけで作製できる上、

治療に必要な分量の樹状細胞も作り出せるため

患者の体の負担が少ない利点もあるとしていて、

チームの尾島敏康講師は「安全性も確認できた。

さらに研究を進めたい。」と話しているそうです。

 

 

昨年に続き、今年に入っても新たな治療法が次々と発表されていますが

実際に病院で気軽に受けれるレベルに至るには10年以上かかるのが

現状です。

 

このブログでも何度もお話していますが、

製薬会社、医学会、医師会、厚労省財務省などなど。。。

現状のお金の問題が片付かなければ実戦投入には至りません。

残念ながらこれが現状です。

 

全く関係ない話ですが、

個々最近の財務省関連の問題だけを見てもわかるとおり

何事にも当事者以外の「都合」がもっとも重んじられ

目的や内容は後回しになるのです。

 

薬や治療の世界では

「患者の為」「病気で苦しむ人のため」

が最も優先するべき事項なのですが、

それはあくまでも “きれいごと” でしかなく、

結局は「お金」に関わる問題が優先されます。

 

誤解がないようにくどく説明しますが、

「画期的な治療法が発見され多くの患者が助かる」

ことよりも

「画期的な治療法によって従来の治療法や薬品によって

 生活の基盤を築いていた多くの人々の生活原資が阻害される

 可能性がある以上、代替法として認可できない」

というのが大まかな結論となるのです。

 

繰り返しになりますが、

要は、画期的な治療法が一般化してしまうと、今まで主力で売れていた

薬や治療が売れなくなってしまうばかりか、患者が治ってしまえば

そのシェアが衰退してしまい、そこで商売していた人たちが干上がってしまう

ので、画期的な治療法を認可するのであれば、法外な金額で販売する事で

一般的な治療として使用することが困難な状態に持って行き、

従来の治療法や薬品が「安価」に利用できる選択肢として残す事もでき、

その結果、画期的な治療法も選択できるが、従来の治療法は健康保険や

国の補助によって安価に利用できる為、両立が可能であり

従来の治療法や薬品に売り上げ減少問題は解決できるであろう。。。

 

といった考え方が優先されているといっても過言ではありません。

 

患者を減らしたり、苦しんでいる病人を助ける事よりも

そういった患者や病人で商売している人たちの生活が

最優先であるということです。

 

 

これは大げさではなく、本当の事です。

国がこういった考え方をしています。

 

多くの医師や製薬会社の関係者も、同じ考え方を

何の疑問も感じずにしている人が多いのにも虫唾が走ります。

 

 

国の政策なら、お金にまみれず国民を最優先してほしいです。。

 

 

一日も早く多くの治療法が身近になる日を望むばかりです。

 

杉本