杉の坊のつぶやき

実は知らない健康や医療に関する情報を発信

熱中症2(認識)

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

昨日の熱中症に関する記事に引き続き、

補足的に認識について少しお話しします。

 

昨日は、熱中症は普段の取り組みよりも

その瞬間瞬間の状況判断が非常に重要であると

お話ししましたが、

個人の基本的認識による危険度の高さは

本当になんとかするべきであると考えます。

 

理想的なのはテレビなどのメディアで

きちんと正しい情報を流す事なのですが、

ほとんどの情報は間違ってはいなくても

個人の解釈次第で油断を招くような内容になっています。

 

病気ではないということをまずしっかりと認識すべきで、

予防という言葉も適切ではないと私は感じています。

 

「予防」と言ってしまうと、普段の取り組みに目が行きがちですが

熱中症に関しては、リアルタイムの環境と体調変化が最も重要で、

昨日も書きましたが、どんなに屈強な肉体を持っていても

どんなに水分をしっかりと摂っていても、

どんなに栄養価の高いものを食べていても、

条件的な環境が整えば誰でもなってしまいます。

 

炎天下での作業やスポーツに取り組む人々は

基本的にそう言った部分は大前提としていても、

自分たちが今置かれている状況や環境をしっかりと考え、

場合によっては作業やプレーを中断して

環境を変化させることを欠かしません。

 

それは、どんなに自己管理をしていても

環境次第で熱中症になりうる可能性を理解しているからです。

 

テレビでの内容などでは、

水分を十分に摂る、塩分を十分に摂る、

そういったことで予防できるような錯覚をさせる

安易な呼びかけをしていますが、

それらの呼びかけは基本的な予防策ではあっても

しっかり取り組めば熱中症にならないのとは全く別物です。

 

どんなに水分を多くとっていても、

どんなに塩分補給に心がけていても、

熱暑作業だけではなく、屋内での作業であっても

熱中症になるときはなってしまいます。

 

では、どのようにして熱中症に対して考えるべきなのか

というと、まず大まかにまとめてしまえば、

体内温度の上昇にリアルタイムで敏感に対処する

ということなのですが、

残念ながら熱中症は体調の不調や違和感を感じた時点で

ほとんどがすでに危険な状態になっているのです。

 

理由は様々で、なんらかの理由を原因として

体の放熱が上手くいかない状態に陥ってしまうことが

最も根本的な原因です。

 

よく言われている

汗がピタッと止まる、などの予兆?が言われますが

汗がピタッと止まった時点でかなり危険な状態です。

 

私は個人的に熱中症を経験しています。

スポーツのプレー中で、夏の屋内でした。

プレー自体はそれほどハードではなかったのですが、

瞬間的にハードになる事も多々あるので

プレー前には必ずポカリなどのスポーツドリンクは飲みますし

運動のある日は特に食事など気を付けます。

 

プレー中、あと数分で終了といったところで

なんとなく違和感を感じたのですが、

「しんどい」との違いがイマイチわからなかったので

いつもよりバテている感覚に近かったと思います。

 

あと数分くらいなら大丈夫かと考えていましたが

徐々に「これは何かまずい」と感じたので

慌てて飛び出してクーラーのある涼しいところに移動し

椅子に座ったのですが、そのまま動けない状態に。

 

ただ、意識と頭ははっきりしていたので

自分では軽い症状だと思い、休んでいるつもりでした。

しばらくして心配して様子を見にきてくれた他のメンバーにも

自分の状態を説明して「大丈夫です」と伝え、

そのあと2時間ほど休ませてもらって帰宅しました。

 

後日、メンバーに会った際に

「あのとき本当に怖かった。笑って何かを話してるんだけど

    何をいってるのか全くわからなくて、呂律も回ってなかった」

といわれて、初めて自分でも危険な状態だったのだと自覚しました。

 

自分の経験上、

事前の準備も十分であったはずだし、体調もむしろ良い状態、

にもかかわらず前触れなく突然のの違和感。

何かおかしいと感じた時点ではすでに遅いことを痛感しました。

 

やはり熱中症というものはリアルタイム対応、早めの判断が

一番の予防対策で、不調は無くとも環境に可能性を感じた時点で

熱中症になるかもしれないと怖がるぐらいでないと防げない

だという事、前もって準備していればいるほど、自分に自信のあるひとほど

油断を生み、危険な状態を招くことに繋がるのだと断言できます。

 

なので、繰り返しになりますが

くれぐれも自分の体調や普段の取り組みに過信する事なく

その時その時の判断を、大げさなぐらい用心していただきたいと

心から注意を呼びかけたいと思います。

 

熱中症には初期症状や予兆はありません。

何か異常を感じた時点で非常に危険な状態になっています。

 

なるかもしれない環境にいる場合には

早めに、こまめに水分補給と休憩、

体温を下げる環境に移動するなど前もって臨む、

たとえ熱中症を想像できない環境、自宅やオフィス、

電車の中などであっても、周りの温度に敏感になって

注意するようにしてください。

 

最後に、なんども繰り返しますが

どんなに栄養価の高い良質な食事を心がけていても、

どんなに優れたサプリメントなどを摂取していても、

どんなに普段からしっかりと身体を鍛えていても、

熱中症になる、ならない、には全く関係ありません。

 

そんな油断から熱中症になってしまわないためにも

自分できちんと判断してください。

 

 

杉本

 

 

熱中症

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

毎日本当に暑い日が続きます。

西日本豪雨などで被害に遭われた方々には

心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、報道などでも連日聞く事が多くなりました

熱中症」ですが、被災地支援の自衛隊員や消防隊員も

作業中に熱中症になってしまい搬送されています。

 

そんな熱中症について、

世間一般的な認識が非常に危険であることが最近わかり

少し触れたいと思いました。

 

というのは、

まず基本的に「熱中症」は、病気などの罹患とは

根本的に違うことを理解していない方が非常に多いという事です。

 

大前提として、

予防や準備で防げるものではなく、環境や状況に応じて

臨機応変に判断して早めに環境を変える事が重要です。

 

勘違いしやすいのは、

水分を十分摂ったり食べ物に気を付けている、

また、日頃から体を鍛えているから大丈夫。。。

などといった的外れな解釈が蔓延している事で、

自己管理や作業において日頃から細心の注意を払っている

消防隊員や自衛隊員ですら熱中症になってしまう事を見ても

日頃の内容とは別の注意が必要なことは明らかです。

 

予防としての注意は多少できても、

根本的に防ぐことは不可能である事を理解しなければいけません。

その時その時にきちんと判断しなければ

どんなに屈強で強靭な体を持っていても

条件が整えば誰でも簡単に熱中症になってしまいます。

 

熱中症になってしまった場合、治せる薬は存在しませんし

点滴と体温を下げる事と安静しか対処法がありません。

気付くのが遅かったり、自覚過信すると命に関わります。

 

ましてや、

事前に飲んでおけば熱中症にならない薬など存在しませんし

なりにくくする飲み物や食べ物も存在しません。

 

くりかえしますが一定の条件が揃えば

誰でもなる可能性があるのが「熱中症」だという事です。

 

◯普段からしっかりとアスリート並に身体を鍛えている

◯普段から食事に気を遣っている

◯普段から厳選したサプリメントや健康に良い補助をしている

 

などなど

熱中症」になりやすいなりにくいは一切関係ありません。

罹患する環境について多少の個人差はあっても

絶対にならない人など存在しませんし、

そんな内容で気を付けるだけで予防が可能なら

自衛隊員や消防隊員は熱中症になってはいけない職業

とも言えると思います。

 

水分を多く摂るようにするというのはひとつの予防措置ですが、

そうすることによって熱中症にならなくなるわけではありません。

 

脱水状態になってしまうと上手く身体の放熱ができなくなり

身体の中に危険な温度で熱が溜まってしまうので

基本的な脱水状態を防ぎましょう。。。というのが

水分補給の一番の目的で、

しっかり水分を摂っているからならないのではありません。

 

どんなに優れた薬を飲んでいても

どんなに栄養価に優れた食事をしていても

熱中症にかかるかかからないかには

ほとんど関係ありません。

 

そのときのほんの僅かな体調の変化や

取り巻く温度環境や

いろいろな要素が重なったところに、

予想を超えたところで思いもよらない状態により

罹患するのが熱中症なのです。

 

日頃の内容、

身体を鍛えているから、栄養面に気を遣っている

水分をしっかり摂っている、

から、多少は大丈夫だと思う事が一番危険で

判断を誤る一番の原因です。

 

今一度、

自身の認識を再確認して

そのときそのときの判断を正しくできるように

してほしいと願います。

 

 

杉本

 

 

 

丸山ワクチンの働きが明らかに

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

いままで医療界では評価がなく、どちらかといえば否定的に語られていた

丸山ワクチン」ですが、ガンに効果があるとして広く利用されていたのも

事実です。

 

この度、この「丸山ワクチン」の働きについて

日本医大(微生物・免疫学)の高橋教授が、2018年5月19日、東京で開かれた

講演会で発表しました。

 

教授によると、

丸山ワクチンは、ガンに対する免疫の鍵を握る白血球の一種「樹状細胞」を

活性化することがわかった。

白血球のわずか1万分の1ほどしかない特殊な細胞で、1973年に発見した、

米国ロックフェラー大のラルフ・スタインマン博士は2011年度の

ノーベル医学生理学賞をうけている。

 

免疫細胞には色々あるが、「殺し屋」リンパ球、・T細胞は侵入した細菌や

ウイルスのほか、ガン細胞も攻撃する。

このT細胞にガンの目印を教えるのが樹状細胞の重要な役割だ。

 

数年前から樹状細胞に関する新発見が相次いだ。

ガン細胞は反撃として液性因子を出して樹状細胞を不活性する。

また、樹状細胞を活性化したり、不活化細胞を活性化する働きのある

脂質が見つかった。

 

最も強力なひとつが結核菌のまわりの脂肪酸であるミコール酸。

研究から、丸山ワクチンの原料である青山株は特にミコール酸の多い

結核菌株であることが確認された。

また、樹状細胞の活性化を保つには48時間ごとに脂質を与えるのが

最も効果的だった。

 

偶然かもしれないが、丸山ワクチンの隔日投与はこの条件にぴったり

合っている。

 

と述べ、近く論文を専門誌に投稿します。

 

また他にも、

丸山ワクチンの飲み薬化もありうるが、動物実験の結果などから

注射のほうが有効性が高い。ミコール酸に着目すれば注射量を

10分の1ほどに減らせる可能性がある。

 

とも話しています。

 

丸山ワクチンは、1976年11月に、ゼリア新薬工業から厚生省に対し

抗悪性腫瘍剤」として承認申請を行っていますが、

1981年8月に厚生省が不承認としています。

ただし、「引き続き研究継続をする」とし、異例の有償治験薬として

患者に供給する事を認め現在に至ります。

 

2015年12月末までに、39万9787人のがん患者が丸山ワクチンを使用しています。

 

 

この件に関しての個人的な感想としては、

丸山ワクチンだけでなく、現在の時点でも多くの効果的な実証をベースとした

<本当に効果的な治療法>があるのは事実です。

しかしながら、今回の件でも顕著な部分として

現時点での医学医療研究が追いついていないため、理由が特定できない為

良く言えばむやみに患者に使うわけにはいかないというのが現状です。

 

丸山ワクチンに関しても、1944年に皮膚結核治療薬として開発され、

その後、肺結核ハンセン病の治療にも用いられました。

支持者による「末期のがん患者に効果がある」という主張にたいして

当時の研究では全くわからないそのメカニズムに対し、

当時の医師や現在に至るまでの医療関係者などは

「まゆつばもの」といった扱いで馬鹿にしていた経緯があります。

 

しかしながら現在に至って今回の研究により、

ここ近年の研究報告で多く名前が挙がり始めた「樹状細胞」に関連する

非常に先端的な内容を持っていたことがわかったわけです。

 

私が常日頃指摘している、

「わからない事に対する否定はおかしい」

「わからないことは “まだ” わからない」のであって

「わからないことに可能性を持って研究するのが本来の研究」

といった部分に関しての本当に典型的な例だと思います。

 

いままで患者に対して高圧的に、さも自分が絶対的に正しいと

散々当該ワクチンを否定してきた医師はどのように考えるのでしょう。

 

ここで素直な反省がない医師は本当にダメな医師だと私は思います。

 

「わからないんだから否定も仕方がない」

のではなく、

わからない事はわからない、わからないからこそ

否定する材料すらもないということをしっかり考え、

安全性に関しても効果にしても自分はわからないと伝えるべきです。

 

樹状細胞関連の研究結果や報告に関しても

これまでは否定的に考えられていた存在と理論です。

 

今回の一連の流れが、少しでも患者に良い方向になるよう

心から応援したい。そんなニュースです。

 

 

杉本