杉の坊のつぶやき

実は知らない健康や医療に関する情報を発信

よろしくおねがいします

恭賀新年

皆様に幸多き年になりますよう

心よりお祈り申し上げます

本年もどうぞよろしくお願いします

 

平成29年 元旦

杉本

 

 

 

ありがとうございました

 

2016年は予想以上に多くの皆様にアクセスいただき

本当に有難うございました。

 

2017年が皆様にとってすばらしい1年になりますよう

心よりお祈りいたしております。

 

記事の更新が不規則ですが

独り言ながらいろいろと掘り下げて

これからも書いていければと思っています。

 

どうぞ2017年も宜しくお願い致します!

 

よいお年をお迎え下さい。

 

 

杉本

無駄のない人体

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

人間の体には様々な器官や臓器などがあります。

その中でも一般的には「不要」だと思われている

「特に必要ない」と認識されているものがあります。

 

代表的なものが〝盲腸〟いわゆる虫垂です。

大半の場合には盲腸は虫垂炎のことを言うのですが

厳密には大腸の一部である盲腸部分から虫様突起しているのが

虫垂で、盲腸部分と虫垂部分は別のものです。

盲腸部分から突起している虫垂は一見不要の部品のように見え、

この部分が炎症を起こしている状態が盲腸炎虫垂炎と呼ばれます。

 

この虫垂はもともと生理機能がないと認識されていて、

まさに「不要」だといわれていました。

しかし近年の研究ではリンパ組織の一つとして胃腸の免疫機能に

大きく関わっていることが研究機関から報告されました。

アメリカの専門家が消化系を患っている患者数百人を対象に調査したところ

全体のおよそ84%が虫垂を切除していたことがわかり

胃腸の免疫機能に関わる報告との関連が強くなっています。

人体の免疫機能の構成要素であり、恒常性機能を高める

調和した体内循環システムの維持をサポートする役割を備えると

研究機関でも注目されています。

炎症を起こしてしまった場合は仕方がないですが

できうる限り触らないほうがいいというkじょとですね。

 

他にも

扁桃体」は抗菌作用を持ち外部からの感染攻撃から人体を守り

有害微生物の約7割を遮断、また扁桃体からの分泌によって

造血細胞の合成にも役立っています。

 

脾臓」には血液をろ過する唯一の能力を持ち

造血、老化、衰弱する血液細胞を一掃して免疫反応を高める

といった役割を持っています。

最新の研究では脾臓のろ過機能を利用した敗血症の治療方法が研究され

豚の脾臓を利用した患者の血液ろ過研究も進められています。

 

「胸腺」は免疫力の保護や向上に関する重要な器官で、

骨髄幹細胞が胸腺に移動することでリンパ球の一種、

T細胞に変化して細菌やウイルスを退治したり

抗がん作用としての働きにも大きな働きを担っています。

 

「尾骨」は脊柱の保護 に重要な役割があり、

尾骨の損傷は全身の健康を損なう恐れもあります。

尾骨切除の患者の半数以上が、内臓下垂や脊柱に関する

問題を抱えていると指摘されています。

 

このように、
人間の体の様々な部位には何かしら役割があると

近年になって研究が進んできていますが、

過去には炎症を起こす前の虫垂を切除したり

扁桃腺を取ってしまう手術を推奨していた時期があります。

 

医学や科学の進歩とともに

考えられてきていた通説が180度変わったり、

肯定していたものが否定されたり

否定されていたものが肯定されたり

目まぐるしく変化を続けています。

 

これは当然のことなのですが

並行して多くの問題も抱えています。

 

いつも記事の中で指摘していますが、

その時々の極端な結論じみた情報を鵜呑みにせず

しっかりと静観して見極めることが

やはり非常に大切なことではないかと

繰り返しお伝えしたい部分です。

 

 

杉本