杉の坊のつぶやき

実は知らない健康や医療に関する情報を発信

花粉症の季節

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

少し批判的な内容を含みますので

苦手な方は読まないでください。

 

さて、

いよいよ朝のニュースでも花粉症の話題が多くなってきました。

 

ニュースを何気なく見ていて

様々な花粉症の話や専門医の話などやっていますが、

とにかく内容が偏っているばかりか、いい加減な説明が多すぎることに

朝からイライラしていました。

 

専門医の説明が、間違っているわけではなくとも

確実に花粉症に対する認識に誤解を招く内容なので、

もっと丁寧に説明すべきだと思います。

 

また、テレビで話している人間のほとんどが

自身も花粉症でありながらも認識がおかしく感じました。

 

少し批判します。

 

現代社会において、花粉症は「罹って当たり前」なのですか?

花粉症であることを風物詩のように話す姿勢は

私は見ていて気持ち悪い違和感を感じます。

 

花粉症である方は本当に辛いことであると思いますし、

絶対に治らないものではないので、

かかられている方は治す方向を、

諦めずに積極的に向いてほしいです。

 

しかし、私の周りも含め、個人が花粉症を受け入れすぎていて

むしろ花粉症であることを自慢しているようにも聞こえます。

 

酷い言い方だと思いますが、まるで不治の病に罹ったかの如く

酷い症状に苦労している自分に酔っているようにも見えます。

 

今日のテレビを見ていても

花粉症であることの自慢合戦の様な不快なものを感じました。

よく言う、病院の待合室で病状の酷さを競うかの如くでした。

 

ただ一人だけ素晴らしいご意見を述べておられましたが、

最後の方は、結局花粉症の人に気遣った当たり障りのない

フォローを入れて話していました。

 

ではまず、どの辺りが偏った説明、いい加減な説明だったか。

 

一般的に、花粉症は花粉の飛散量や体内蓄積によって

引き起こされるもののようにかたられていますが、

過去の記事で何度も何度も説明してきましたが、

花粉症のメカニズムは、一般で認識されている様な

花粉の飛散量、蓄積量などで発症したりするものではありません。

 

簡単に言えば花粉症は「アレルギー」症状です。

難しく言えば「免疫不全」です。

 

大元の原因は自己の免疫機能の異常による症状で、

その異常を引き起こす原因は現代医学ではわかっていません。

 

繰り返しますが、

現代医学では免疫の異常の原因はわからないのです。

 

何らかの原因で正しい働きをしない免疫の反応が

アレルギーに繋がるのですが、要するに発症の引き金となる

そもそもがわかっていないのです。

 

無責任な専門医や有識者が話す内容は

あくまでも個人の推測の域にすぎないものであって、

現代社会で重きを置かれる科学的な根拠は存在しません。

 

従って、テレビなどで話されている、

「花粉の飛散量が多いから花粉症になる」とか

「体内の蓄積量が一定を超えたから花粉症が発症」

などと言う根拠のない説明は非常に無責任な説明なのです。

 

そもそもの発症メカニズムがわかっていないものに

理由が説明できるはずがないと思うのが自然なのですが、

何故か蚊に噛まれる様な感覚で発症すると思い込み

花粉を毛嫌いして、植林自体を変えようとしています。

 

これは本当に愚の骨頂で、

人間の最もダメな、人間の都合で自然の生態系を変える

本当に愚かな行為です。

 

確かに、花粉症の状態になっている人に対しては

花粉自体が敵になるわけですが、

花粉はくしゃみや鼻水などの症状そのものを引き起こすものであって

免疫の判断機能を異常にしているものではありません。

 

もっと分かりやすく言うと、

免疫機能が異常な状態だから、花粉に対して反応するのであって

免疫機能が何故異常になったのかはわからないということです。

 

医師ならば当然わかっていることなのですが、

わかっていることを前提に可能性の話をするので

何も知らない方からすれば、諸悪の根源が花粉に聞こえます。

 

挙げ句の果てに、医学で未解明な事を履き違え

絶対に治らないと無責任な断言をする医師が多いのも事実です。

 

もう一つ言わせてもらうと、

くしゃみや鼻水、咳、目のかゆみなど

花粉症に代表される症状というものは、なにも花粉症だけでなく

人間の生命活動において、とても重要なものです。

くしゃみや鼻水は鼻孔鼻腔内の異物への反応ですし

咳も同様に体外に喉粘膜の菌などを出す反応です。

 

免疫の異常状態というのは、この防衛反応が過剰に暴走している状態で

健康な方であれば程よくこういった症状が出るわけです。

 

従って、本来はこれらの反応を抑えたり封じ込めることは

外敵からの防衛反応をオフにすることに等しいのです。

 

人間は、体調の変化に応じて必要になったと判断して

それらの症状をあえて行うわけですが

人々はその反応を嫌って薬に頼って抑えようとします。

 

また、朝の目覚めなどに伴って

体が一生懸命起きている活動に備えるため、

また、睡眠中にやってきた外敵を排除するために

起床するとともにくしゃみや鼻水、咳といったものを起こし

寝ている間にはできなかった反応を起こしたりもします。

 

しかし、花粉症という言葉が蔓延するとともに、

何気ない通常の反応であるくしゃみや鼻水までもが

全て花粉症だという認識になってしまいました。

 

「朝起きたらくしゃみが出る」

「起床してから鼻水が」

などなど。。。

 

咳やくしゃみ鼻水は風邪の諸症状でもあります。

正しい診断をしないまま、何でもかんでも花粉症

だと決めつけて仕舞えば、かえって重篤な病気を見逃します。

 

今年流行した「隠れインフルエンザ」と呼ばれる、

従来のインフルエンザと違って、軽い風邪症状が続く

そんなパターンも想定できます。

隠れインフルの場合、宿主は軽い症状でも

感染先では通常のインフルエンザの様な症状になるケースもあり、

きちんと受診していない人が、

軽い風邪や、花粉症だと思い込んで出歩けば、

インフルエンザを罹患したままで歩くのと何ら変わらないのです。

 

私個人は、この状況、

「何でもかんでも花粉症症候群」とも言える状況は

様々な二次的被害を沢山発生させている

本当に重大な問題だと感じています。

 

人間は生きていればくしゃみも出ますし鼻水も咳も出ます。

 

それらの反応は、本来ならば身を守るために

必要だから出るのです。

 

昔の子供たちは、鼻水でずるずるになりながら外を走り回り、

いろんな怪我をして、触ってはいけないものを触って、

体がどんどん学習して強くなっていったと私は思います。

 

 病気に対する認識は、本当にきちんと理解しなければ危険なものです。

 

すこし考えたいものですね。

 

 

杉本