杉の坊のつぶやき

実は知らない健康や医療に関する情報を発信

番外編

※内容はあくまでも個人の主観です。

 

最近少し重い話が続いていましたので、

少し目先を変えてみたいと思います。

 

すでに記事を見られた方も多いと思いますが、

医療関係者向けのネットニュースサイトが、

会員である医療関係者を対象に面白いアンケートを行いました。

以下内容を抜粋しながらご紹介します。

 

アンケートの内容は、

「病棟、医療施設で幽霊を見たことがありますか?」

というもので、

解答者総数は2273人、

開業医400名、勤務医1345名、歯科医師3名、看護師72名、

薬剤師380名、その他医療従事者73名。

 

「幽霊や第六感、超常現象など、通常の科学では説明できない

不思議な体験をしたことがありますか?」との問いに対して、

開業医の27%、勤務医の21%、看護師の47%が

「はい」と回答。

 

続いて「通常の科学では説明できない、不思議な出来事は存在すると

信じますか?」

の問いに対しては、

開業医の45%、勤務医の45%、看護師の61%が

「はい」と回答しました。

 

さらに、実際の体験を自由に書く欄では、

小さい頃の思い出話とともに病院内での生々しい目撃談が相次いだ。

 

「仮眠室の二段ベッドの下で寝ていると、夜中に上に上がって行く音がした。「お疲れ様」と言って寝たが、翌朝、仮眠室には鍵がかかっていて誰も入れないことに気づいた。」(勤務医)

 

「入院されていないはずの義眼の患者さんに真夜中、当直室に入院着で訪問された。おかしいなと思い翌日看護師さんらに確認したが誰もその患者さんのことを知らなかった。」(開業医)

 

他にも、

「よく見ますので、不思議でもなんでもありません。患者さんが多い先生には、救ってほしいまずいものが寄り添っているのも見えます。」

 

「どの病院にも、(霊が)見える看護師さんが必ず1人存在する。以前の病院には日常的に見える外科医がいらした。」

 

といった日常的に理解している声も。

 

一方、

「霊が見えるという人に向精神薬を飲ませたらどうなるのだろうか」

といったクールな意見もあります(笑)

 

 

このアンケートについては上記の内容までが紹介されていましたが、

一般的に心霊現象などと馴染みの深い病院関係者が語ると

必要以上に説得力?がありますね‥‥。

 

私自身は否定も肯定もしませんが、

全くないと証明することもできていませんし、

あるという証明もできていない未知の世界です。

 

もしかしたら遠い未来には科学的に認識する日が来たり、

逆に人間の生死のメカニズムがはっきりする日も

来るかもしれません。

 

日常周りを飛び交っている、テレビや携帯の電波が可視化すると

それはそれは大変な状況になることを想像してみれば、

見えないものが見える人がいるという部分も

人体の神秘が未解明な部分を残している以上、

あながち無い話ではないのではないかな〜と思います。

 

杉本